広島県で茶道具買取ができるおススメの買取店5選!

1.広島県で茶道具を高く売るために

広島県は、世界で初めて原子爆弾で爆撃されたエリアであり、県内には原爆ドームが立地しています。路面電車の町としても有名であり、路面電車の路線長や乗降客数などで日本一を誇っています。広島県の茶道具買取店には、1円でも高く買取できることを目指している店舗や、処分対象の商品でも価値を追求してくれる店舗などがあり、査定に納得しやすいよう配慮している店舗が見受けられます。今回は、広島県で茶道具の査定を行っている店舗を紹介するとともに、買取に至った茶道具の制作者やデザイン、高価買取のポイントなどを解説します。

このページの目次

2.広島県で茶道具を買取できる店舗一覧

広島県にお住いの方の中には、茶道具の査定が初めての方や、忙しくて査定のタイミングを調整しづらい方もいることでしょう。広島県には、電話受付を24時間対応している「サンセリテアート」や、年中無休で営業している「八光堂広島店」など、それぞれの状況に応じて査定を相談しやすいさまざまな専門店が立ち並んでいます。ここからは、茶道具の査定を気軽に依頼できる広島県の買取専門店を紹介します。

2-1.サンセリテアート


	サンセリテアート


買取店名
サンセリテアート
WEBサイト
http://selecthome-hiroshima.com
店舗情報

営業時間:平日9:00~17:00 【出張買取・査定】年中無休 24時間対応
住所:広島県廿日市市宮内1011-1

買取方法
出張買取店頭買取
茶道具以外の買取ジャンル
家具・家電・時計・宝石・ブランド品・ 骨董品・美術品・日用品などの買取、骨董・美術品・アンティーク・象牙・茶道具・刀剣武具などの買取・査定・販売
サンセリテアートの買取実績

県無形文化財 萩焼 名工 波多野 善蔵 作 茶碗
買取ジャンル: 茶碗
波多野善蔵は、佐賀県唐津市に出身の陶芸家であり、荻焼の作陶に携わってきました。これまでに手掛けた作品として湯呑や水指、茶碗などがあり、1972年には山口県美術展知事賞を受賞し、1987年には山口県芸術文化振興奨励賞受賞を獲得しています。2002年には山口県指定無形文化財保持者として認定されました。


十二代 坂倉 新兵衛 作 萩焼 茶碗 茶道具 共箱
買取ジャンル: 茶碗
坂倉新兵衛は、山口県長門市における坂倉新兵衛窯の当主が代々引継いできた陶芸家の名跡です。十二代坂倉新兵衛は、茶湯と萩焼との結び付きを強調することで茶陶萩焼のブランドを確立した功績が知られています。現在は、十五代新兵衛の息子である坂倉正紘という若手作家が作陶活動に取り組んでおり、スタイリッシュで気高い作品を作り出しています。買取された茶碗は十二代坂倉新兵衛が手掛けた作品であり、表面にはうっすらとしたヒビを連想させる模様が見受けられます。


備前人間国宝 藤原雄 希少作品 唐津 茶碗 藤原 紀美子 識箱
買取ジャンル: 茶碗
藤原雄は岡山県備前市出身の陶芸家であり、父親から備前焼の製陶技法を学びました。1980年には岡山県重要無形文化財として認定され、1984年には山陽新聞社文化賞受賞を獲得しています。1988年に日本工芸会理事に就任し、2001年に陶芸家としての生涯に幕を閉じました。買取された唐津茶碗は、藤原雄が唐津を訪問した際に制作された茶道具です。


SATEeee茶道具買取事務局から一言!サンセリテアートのここがおススメ!
サンセリテアートは、大切な思い出が詰まった骨董品や美術品をジャンルを問わず査定している買取専門店です。周辺には日本赤十字広島看護大学や広島県立廿日市特別支援学校などが立地しています。ゴミやガラクタのような商品でも価値を追求してくれるので、ほかの店舗で買い取ってもらえなかった茶道具についても、一度査定の依頼をしてみる価値が高いといえます。電話受付は24時間対応しているため、日中時間が取れない方でも帰宅後に都合の良いタイミングで査定の依頼を相談できます。

2-2.八光堂広島店


	八光堂広島店


買取店名
八光堂広島店
WEBサイト
https://www.hakkoudo.com/shop/hiroshima-shop/
八光堂広島店の買取実績

楽了入 鯛香合 即中斎書付
買取ジャンル: 香合
買取金額: 10万円
楽了入は江戸時代後期の茶碗師であり、楽家の九代にあたります。了入のへら使いは歴代とは異なり、晩年には変幻自在を極めたことが知られ、作風は全体的に薄作りで軽妙です。若いころは光沢感の見られる柿色、晩年は白みを帯びた淡い赤色の作品を手掛けています。買取された香合は即中斎の書が付属しており、鯉の形をデザインに表した仕上がりとなっています。


純銀 龍鳳凰湯沸
買取ジャンル: 湯沸
買取金額: 45万円
買取された湯沸かしは注ぎ口の部分が龍と思しき頭のデザインに仕上げられており、側面には鳳凰が飛んでいる姿を連想させる模様が描かれています。本体全体は黒色を基調としており、部分的に取り入れられた金色が豪華な印象をにじませています。品のあるデザインであるうえに、素材に純銀を使用していることも相まって高価買取につながったのでしょう。


一鶴斎 銀製 望月形槌目銀瓶
買取ジャンル: 30万円
買取金額: 銀瓶
銀瓶は金属製の湯沸かしであり、人体に無害で長期間使いやすい点が便利だとして知られています。素材に高価な銀を用いていることから、過去には高貴な方しか手に取ることができなかったといわれています。利用しているうちに酸化して黒ずんでくる傾向があり、色の変化を楽しむことも可能です。買取に際しては光沢感がある銀瓶のほうが価値が高いとのことです。


SATEeee茶道具買取事務局から一言!八光堂広島店のここがおススメ!
八光堂広島店は、骨董品や美術品買取の実績が40年以上におよぶ広島県にある買取専門店であり、年中無休で営業しています。店舗の周辺には広島県立美術館や広島城、広島県広島中央警察署などの建物があります。広電白島線白島駅から徒歩2分であるほか、駐車場は2時間まで無料で利用できるので、電車や車のどちらでもアクセスしやすい環境です。荷下ろしの手伝いをしてもらえるので、査定したい茶道具がたくさんある方は、一度依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

2-3.骨董&アンティーク東方堂


	骨董&アンティーク東方堂


買取店名
骨董&アンティーク東方堂
WEBサイト
http://www.tohodo-hiroshima.com/company/index.html
SATEeee茶道具買取事務局から一言!骨董&アンティーク東方堂のここがおススメ!
骨董&アンティーク 東方堂は、「まごころ・誠心誠意」をモットーに茶道具を買い取る広島県の買取専門店です。店舗の周辺には広島大学病院や広島県立広島皆実高などが立地しています。持ち運ぶのが大変な茶道具でも出張買取に対応してくれるので、店舗を直接訪れられないケースにも査定を依頼しやすいでしょう。出張買取以外にも写真や宅配による鑑定も受け付けており、自分にあった査定方法を柔軟に選べるのも便利といえます。

2-4.なんぼやエディオン広島本店西館店


	なんぼやエディオン広島本店西館店


買取店名
なんぼやエディオン広島本店西館店
WEBサイト
https://nanboya.com/shop/edion-hiroshima-brandshop/
なんぼやエディオン広島本店西館店の買取実績


買取ジャンル: 棗
棗とは、抹茶を保管するための入れ物であり、色や形状、柄などが異なる点に特徴があります。時代を経るごとに装飾が変わっていき、初期のころは黒塗と呼ばれる漆器が代表的であり、最終的には漆で色付けや絵付けを行ってから金粉や銀粉で装飾されるようになりました。棗に入れる抹茶は鮮やかな青緑色をした薄茶に限られています。


SATEeee茶道具買取事務局から一言!なんぼやエディオン広島本店西館店のここがおススメ!
なんぼやエディオン広島本店西館店は夜20時まで営業している広島県にある買取専門店です。周辺には広島平和記念資料館や広島県立総合体育館などが見受けられ、店舗は広島電鉄紙屋町西駅からすぐそばにあるので、電車で査定に訪れやすい環境です。150kgの積載荷重に対応した台車も用意されており、たくさん茶道具を査定してもらいたいケースにもピッタリでしょう。接客ブースがあるほかドリンクサービスも利用でき、リラックスした環境で査定の相談をしやすいです。

2-5.ほろっとらぼ


	ほろっとらぼ


買取店名
ほろっとらぼ
WEBサイト
https://www.horottorabo.com/shop
ほろっとらぼの買取実績

二代平安竹泉の後手急須
買取ジャンル: 急須
買取金額: 40万円(複数買取)
急須とは茶を入れて注ぐときに使う茶道具です。注ぐ前には乾燥した茶葉を入れてから湯をかけ、茶葉が開くのを待つのが一般的であり、茶葉のほかにティーバッグや粉抹茶も活用されることがあります。通常は、注ぎ口から向かって右側に持ち手が突き出たデザインが多い傾向ですが、買取された急須については取っ手が後ろにあるデザインです。


一瓢斎 鵬雲斎書付の大棗
買取ジャンル: 棗
買取金額: 40万円(複数買取)
一瓢斎は江戸後期から蒔絵師として活躍してきた名跡であり、その京蒔絵の技術は現代にも受け継がれてきました。昔はかんざしや硯箱などに蒔絵を施してきましたが、現在では茶道具を中心に作品作りが行われるようになっています。装飾については繊細であるとともにきらびやかで、見る者を豪華な気分にさせる雰囲気をまとっているのが特徴です。


金澤鶴斎在印 姥口平丸形 鉄瓶
買取ジャンル: 鉄瓶
買取金額: 3万2千円
買取された金澤鶴斎による鉄瓶は、鉄地の味わいがにじみ出ており、質の高い岩肌に虫喰地紋が丁寧に施されたデザインです。本体の部分は若干平べったい形に整えられており、内側には錆がなく保管状態が良好だとされています。味わいのあるデザインであるうえにきれいな状態だったことが相まって、数万円という高値が付いたと考えられます。


SATEeee茶道具買取事務局から一言!ほろっとらぼのここがおススメ!
ほろっとらぼは、他社よりも1円でも高く買取できることを目指している広島県の買取専門店です。売ってよかったと感じてもらえることを喜びとしているので、納得した買取結果を望む方にピッタリの店舗といえるでしょう。周辺には広島カンツリークラブ西城コースや広島大学共同研究施設等西条共同研修センターなどが位置しています。店舗は山陽新幹線の通る東広島駅から徒歩圏内に立地しているので、電車で査定に訪れることもできます。遺品整理にも対応しているので、家族の茶道具を整理してもらいたいケースにも依頼を検討できるでしょう。

3.SATEeeeの選べる査定方法

SATEeeeでは、「ご自身で一括査定」「出張査定」「メール写真査定」「LINE査定」の4通りの査定方法がございます。お客様のご都合の良い査定方法をお選びください。

4.SATEeeeのご利用の流れ

SATEeeeのご利用方法は大きくわけて2つあり、「ご自身で一括査定」と「査定代行」です。「ご自身で一括査定」は、お客様ご自身で品物の画像をSATEeee上にアップロードし、査定依頼をして頂くサービスとなります。ご自身で写真画像のアップロードが難しい場合には、事務局担当者にお願いして頂いても大丈夫です。弊社から査定を代行いたします。詳しい流れは以下よりご確認くださいませ。

5.高額査定のテクニック

査定をする際、買取業者からの査定金額は少しでも高くなってほしいものです。査定金額を高額にするには、品物そのものの価値も重要ですが、写真の撮り方や品物の情報を明確に伝える事など、買取業者が「査定金額を付けやすい」「判断しやすい」ように工夫することも重要となります。高額査定の方法をまとめましたので、詳しい方法は以下よりご確認くださいませ。

6.広島県の茶道具買取まとめ

広島県には「骨董&アンティーク 東方堂」のように、出張買取に対応していて直接店舗に訪れなくても査定を行える店舗がありました。出張買取は自宅にスタッフが来てくれるのが便利ですが、人によっては査定の準備に気を遣ってしまう方もいるのではないでしょうか。気軽に査定を行いたいのであれば、「SATEeee(サテイー)」のような一括査定サービスの利用も便利です。複数の店舗に写真を送信するだけで一括で茶道具の査定を依頼できます。茶道具の査定方法に迷っている方は、ぜひ一括査定サービスもご検討ください。